PCCプレミアムジェルFの口コミと評判

はじめてのプラセンタ

美容成分プラセンタがはじめてという方もおられるはずです。
プラセンタにはヒト型、馬、豚から生成されたものが厚生労働省の認可を受けています。
主にプラセンタ注射ではヒト型のプラセンタが使われています。

 

その他の美容を目的とした経口サプリメント化粧品などは馬、豚が使用されることが
ほとんどです。他にも羊の胎盤というのもありますね。

 

 

馬か豚由来どっちがいいの?

 

 

馬と豚のどちらのプラセンタが優れているのかは賛否がありますが、豚は食用でも
各国で数も多いことから馬よりは安価に入手できる可能性があります。

 

そんなことからも、胎盤の原産地が海外であることがありますが、好評されることなく
サプリメントなどの成分として製造され配合していることもあります。

 

 

いっぽうで、馬プラセンタが希少と言われるのは流通量の少なさでしょう。
日本は海外からみても食用としての文化がある国です。昔から病人には馬を食べさせろ
と言われるくらい馬の脂(馬油)や肉自体にヤケドや打ち身、筋肉痛などに使用されていた歴史もあります。

 

これは、馬が他の哺乳類に比べて豊富なアミノ酸を含んでいることからでもあります。
飲むタイプのサプリメント以外でお肌に塗る化粧品としては贅沢なように思えますが

 

有効な成分でなければお肌への実感という目的は果たせないでしょう。

 

 

塗って効果あるの?

 

注射や内服のプラセンタには疲労回復や美容の効果が確認されています。
そしてお肌という外から

 

塗ることでも60%〜70%という高い割合で有効性を実感した
という資料があります。

 

吉田クリニック院長 ランチョンセミナー講演より

 

この実感のもととなるのはやはり、プラセンタのアミノ酸量と種類によるものが大きい
と思います。

 

よって、注射や飲むものには抵抗があるという人でも塗るタイプでも美肌への実感が
あるということです。

 

しかし、胎盤の抽出技術や原料などに違いがあるのは確かです。
しっかりとした裏付けのもと製品化している会社からであると安心です。

 

PCCの発酵プラセンタは通常の馬プラセンタの有効成分をさらに効果的にしています。
安全でさらに実感も湧きやすいものであれば塗ることで期待ができるはずですよ♪

肌に合うか心配

 

保存料について

 

肌に直接付けるものですから一番は肌に合うか?は気になるところでしょう。
無添加化粧品などの製品が増えていますが、PCCプレミアムジェルの製品には保存料を
含んでいます。

 

プラセンタは他の美容成分に比べて特殊であることから防腐剤を使用しています。
とくに体に害があるものではありません。

 

その他の添加物と言われるパラベン、合成香料、合成色素などはいっさい使用
していないです。

 

成分アレルギー等

 

公式にはアレルギー表示は特にありませんが成分配合一覧がございます。

 

以下確認のうえ検討するとよいかもしれません。

 


水・BG・サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液・サイタイエキス・ヒトオリゴペプチド-1・ヒトオリゴペプチド-13・水溶性プロテオグリカン・セレブロシド・加水分解アナツバメ巣エキス・アセチルヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸Na・サクシニルアテロコラーゲン・水溶性コラーゲン・リン酸アスコルビルMg・ハマメリス葉エキス・セイヨウトチノキ種子エキス・ブドウ葉エキス・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・アルニカ花エキス・β-グルカン・グリコシルトレハロース・アルギニン・ラベンダー油・加水分解水添デンプン・グリセリン・ジグリセリン・キシリチルグルコシド・キシリトール・無水キシリトール・(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10・ヒドロキシプロピルグアーガム・キサンタンガム・ポリアクリレートクロスポリマー-6・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー・PEG-6・PEG-32・乳酸・リン酸K・リン酸2Na・クエン酸・クエン酸Na・水酸化Na・エタノール・フェノキシエタノール

一回だけのお試し価格も用意♪

 

 

今回、PCCプレミアムジェルにはお得な初回割引が適応できます。

 

ですが、最初はどんなものか使ってからでないと心配という人には
一回だけの購入。通常購入も用意されています。

 

 

極端に敏感肌の方や化粧品が変わると赤くなりやすいという方は定期ではなく
通常購入をおすすめします。

 

定期コースでの購入では初回割引が可能となります♪

 

PCCプレミアムジェル最安値